こひつじ幼稚園

園の特色

保護者との連携

子どもたちの育ちのために、保育者と保護者が共に心と力を合わせることは、とても大切です。
幼稚園では、以下のように保護者と連携しています。
登園時

登園時・降園時
登園時には、子どものその日1日が意味あるものになるよう、子どもの健康面やその他の様子を保護者と確認し合います。降園時には、保育中の出来事や怪我等、必要なことがあれば、お伝えします。また時には、日頃子育てで課題に感じていることなどを話し合うこともあります。

参観・面談
参観は、1学期と3学期。面談は、1学期と2学期に行われます。園での子どもの様子を知っていただき、参観後担任との面談では、ご家庭や幼稚園で配慮していきたいことを話し合い、子どものことを共通して理解し合って子どもの育ちを応援します。

懇談会

学期ごとにクラス 懇談会の時をもちます。子どものよりよい成長のために、皆で心に留めていきたいことなどを話し合っています。

聖書を学ぶ会・講演会
キリスト教を理解するために、保護者のために聖書を学ぶ会が毎週あります。また、子育てで大切にしていきたいことを考える時として、講演会(年3回)あります。
行事の参加・協力
年間を通して、親子で参加するさまざまな行事があります。親子遠足、こひつじまつり、運動会、クリスマスなどは、その行事が子どもたちにとってよりよい経験となるよう、保護者と保育者が協力し合いながら、一緒に作り上げていきます。幼稚園が、子どもたち一人ひとりの成長を支え共に育ち合う場となることを願っています。
読み聞かせ

子どもたちは絵本を通して、ものごとに興味を持ったり、自分の世界を広げたりすることができます。「考える力」「感じる力」「表す力」などを育てるもととなります。絵本から受けた感動は、目には見えませんが、こころでみることを知り、優しい感受性を育てます。