こひつじ幼稚園

園の紹介

幼稚園の保育理念

個性を大切にし、
遊びを通して、
キリストの愛に育まれた
生きる力を生み出す保育を目指します。

幼稚園の保育目標

神さまに愛されていることを感じ感謝できる子ども

聖書に基づいて「神を敬い、人を愛する心を養い育てる」を目標にしています。一人ひとりを大切に受けとめ、主体的な活動や興味、関心を広げる活動の中で、自然の美しさや不思議さに気づき、その恵みに感謝する心も育んでゆきます。

個性豊かな子ども

子どもたちは、神さまから命を与えられ、愛されているかけがえのない存在です。その個性と人格をありのままに受け止め、尊重し、信頼関係を築く中で、子ども自身が自分を信じ、自分らしい歩みをはじめることができるように応援しています。

よく考え、よく遊べる子ども子どもの遊びを通して主体的な活動を中心にしています。子どもが生き生きと遊ぶことは、“生きる力”に大いにつながります。工夫したり、悩んだり、納得するまで繰り返す中で思考力や想像力、そして意志が育まれます。好奇心や探究心を大切に受け止め、やってみたい!と意欲をもって取り組む子どもと共に心を動かす保育をしていきたいと願っています。

思いやりのある子ども社会性の基礎になる先生や友だちとの遊び、関わりの中で、自分と他者との違いを知っていきます。たくさんのぶつかりあいや葛藤を通して、やがて理解しあい、“共に生きる”ことを学んでいきます。人間関係を育んでゆき、お互いに認め合って、力を合わせることの楽しさ喜びを味わうまでの“道すじ”を大切にしたいと思います。

こひつじ幼稚園の沿革

1912年
アメリカ南部バプテスト連盟直属の講義所(板橋バプテスト講義所)を開設1917年 幼稚園を開設。1921年富田芳蔵が牧師、園長に就任。
1945年
空襲で全焼。西巣鴨から瀬田へ移転し東京第一バプテスト教会設立。
1949年
瀬田町幼稚園として幼稚園事業の再開、富田芳蔵が園長に就任。
1969年
「こひつじ園」と園名を変更。
1999年
「学校法人東京第一バプテスト学園こひつじ幼稚園」となり、現在に至る。