こひつじ幼稚園

こひつじ園だより12月号

月主題 さんび

♪うれしい秋の実りです~(このさんびかは、長い間歌い継がれたきたさんびです) みかん、柿、りんご、かぼちゃ、豆、お米、麦、歌詞の中にある果物や野菜、穀物をイメージしながら、子どもたちは神さまにありがとうと感謝のさんびを捧げ収穫感謝の礼拝をしました。今年は礼拝堂に野菜や果物に加えて、はとぐみがお散歩で拾ってきてくれたどんぐりの飾りが加わり、さんびの歌声だけでなく、神さまへのありがとうがいっぱいでした。どんぐり拾いの朝、ある子どもは「うれしいあきがきたね」と書いたお手紙を持って登園してきたそうです。拾いながらの子どもどうしの会話も、聞いていて嬉しい気持ちになるエピソードばかりでした。神さまもそうした子どもたちの姿を“さんび”として受け取り、“いっしょに”の11月を過ごしてくださったのだと思います。

そして今、ろばぐみからは、クリスマスページェントの歌声が聞こえてきます。まだ人生を5、6年しか生きていない子どもたちですが、すでにクリスマスの本当の意味を知っている、それだけで感慨深いのですが、幼稚園で覚えたクリスマスの讃美歌はきっと卒園してもクリスマスの時期になると、思わず口ずさんでしまうのではないかと思っています。

りす組にとっては初めて迎える幼稚園のクリスマスです。ページェントは役割を演じる劇ではなく、子どもたちが舞台に上がる、そのことが神さまへの“さんび”捧げものであることを経験する12月(クリスマス)です。“さんび”は、賛美歌を歌うことだけでなく、神さまを想うあらゆることの中にあることを心に止めていただければと願っています。

園長 富田なおみ