こひつじ幼稚園

こひつじ園だより3月号

月主題 希望

 

毎年のことながら、年度の終わりには、この一年の様々な出来事が思い出されます。日々の保育の中で、子どもたちがどのように育ち合ってこの3月を迎えるか、ねがいを込めながら見守ってきました。

そして、節目である3月の主題は「希望」。積み重ねてきた育ちがあったからこそ「希望」はやってくる、そう感じています。

長雨や大雪、厳寒は、子どもの生活に大きな支障をもたらすことはなかったけれど、経験から学ぶことが多かったように感じます。雪遊びや、氷、霜は今年いただいた恵みでもありますが、その時には厳しさを感じるものです。だからこそ、間もなく暖かな陽射しの春がやってくる、それは「希望」という言葉を連想させます。

世田谷区役所の都市農業課と農協とのコラボで実現した瀬田農業公園での作付けと収穫は、暑さの中で長い道のりを歩いての作付け、収穫は天候と生育状況で大幅に遅れて、収穫感謝の行事とは別日となりましたが、抱えきれない程大きく生長した聖護院大根やキャベツにびっくりしました。計画や調整の時には、人の力ではどうにもできない植物の育ちですが、収穫の時には得ることのできない喜びを子どもたちの満足そうな顔からもらうことができました。様々な経験のどれにも、隣り合わせた意味や苦労がありますが「希望」とはそのようにしてもたらされるのです。

子どもたちが困難な状況にある時、傍で見守る者にとっては辛くて長い時間です。早く嬉しい、楽しい日々がやってこないかと祈り、ねがいながら過ごしてきたことでしょう。

思い出してみてください、どの人の育ちにも苦のない育ちはなかったことを、「希望」は間もなくやって来ます。

園長 富田なおみ