こひつじ幼稚園

こひつじ園だより 2月号

こひつじ幼稚園聖句

「光の子として歩みなさい」

エフェソの信徒への手紙5章8節

年主題    あふれる愛
月主題    気づきあう
今月の聖句  『あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるよう熱心に努め
なさい。』    コリントの信徒への手紙Ⅰ 12章31節

今年度も残りわずかとなりました。これまでを思い浮かべて振り返ったり、わずかとなった日々をどのように過ごそうかと考えたりする時ですね。今月の聖句12章31節は、12章の最後の部分にあたります。ですからこれまでを思い浮かべての繋がりを語ろうか、それとも31節を13章の愛の記事の前口上として語ろうか迷うところです。

12章28節には様々な賜物が並べられています。使徒(伝道)の賜物、預言の賜物、教師の賜物、奇跡の賜物、癒しの賜物、援助の賜物、管理の賜物、異言の賜物。もう少し身近な事柄に置き換えてみると、よくわらう、ちからもち、うたがすき、よくたべる、やさしい(『かみさまからのおくりもの』こぐま社より)

けれど、これらの「賜物」はどれもある特定の人にだけ与えられるものであって、決して誰にでも与えられるものではありません。ですから「みんな が・・・だろうか」とパウロは繰り返しています。

さまざまな賜物を持った子どもたち、保育者、保護者を思い浮かべて、みんなと過ごした日々を思い出したら、やはり13章、年主題でもある愛を語りたくなりました。28節に書かれている賜物に対して、パウロは「もっと大きな賜物を受けるよう熱心に努めなさい」と呼びかけています。なぜなら、愛は神さまが私たちにくださる最大の賜物、無敵の賜物だからです。そして愛という賜物は求めさえすれば誰にでも与えられるのです。愛があるとは言えない私ですが、皆が愛を祈り求める幼稚園と、愛ではなくてルールや理屈や倫理や力で園を動かそうとする幼稚園と、どちらが元気になれるかと問われたら、やはり愛を求め、願いたいと思います。

そして、だからやっぱり、こひつじ幼稚園には愛がある。最大無敵の大きな賜物に守られているのだと思うのです。

園長 富田なおみ