こひつじ幼稚園

こひつじ園だより6月号

こひつじ幼稚園聖句 「光の子として歩みなさい」 エフェソの信徒への手紙5章8節

年主題    『平和』をつくる

月主題    おもしろい

 

6月も引き続き、月主題は「おもしろい」です。幼稚園という特別な場所でなくても

子どもたちの行動や言葉には「おもしろい」がたくさんありますね。日々の子育てが疲れに終わらないのは、子どもたちが「おもしろい」を運んできてくれるからなのでしょう。

幼稚園では、それぞれの子どもたちが、個性を出し合って、活動に取り組み始めた5月、先生やお友だちにも慣れてきました。

本当の意味で「おもしろい」が体験できているかを知るのは、クラスの中で「自分を出せているかどうか」を吟味することなのだと思います。それぞれの子どもが受け止めてくれる人を持つことができたか、自分の気持ちを聞いてくれる安心を得ているか、そして、伝えたくなるような生活の中身を体験しているかで「おもしろい」の豊かさが違ってくるように思います。

「自分を出せる」ということは、決して積極的な表現ばかりではありません。自分の苦手を隠さないでいられるということも、自分を出す大切な事柄です。「失敗したらどうしよう」「上手く出来なかったら…」という不安の中で、その気持ちを理解してくれる人を持つということは、毎日通ってこなければならない子どもたちにとって大切です。ありのままの自分を受け入れてもらえるという安心感はさまざまな生活体験の中で、自分の中に力を取り込んでいく素になります。

人は誰でも、自分の感じたことを頼りに物事を判断し行動します。自分の感覚を信頼できるかどうかが、自信を持って生きていく上でとても大切です。

園では「遊び」を大切にしていますが、遊びの中で、共感してくれる友だちがあることや、話したくなる、伝えたい中身があることは、自分の感覚に対する信頼を育てることになるでしょう。文字が読めたり書けたりする以前に、絵になるような生活を作り、自由に表現できる言葉の土壌をつくることが大切です。

教え込むのではなく、比べるのでもなく、子ども自身が主体的に知る時を楽しむ…そこにこそ「おもしろい」という言葉がふさわしいと思います。ゆっくり育つことを保証してゆく、そんなゆとりが豊かな「おもしろい」を創ると信じています。

園長 富田なおみ

親子遠足延期のお知らせ

5月19日に予定されていた「親子遠足」は天候不良のため、5月21日(木)に延期いたします。その場合5月22日(金)はお疲れ休みとして休園になります。

なお、5月20日(水)は「お疲れ休み」の予定でしたが、遠足が延期となったため通常保育が行われます。また、5月21日(木)の「聖書を学ぶ会」「園庭開放」は親子遠足が実施された場合は中止となります。

こひつじ園だより 5月号

 

こひつじ幼稚園聖句 「光の子として歩みなさい」

エフェソの信徒への手紙5章8節

年主題    『平和』をつくる

月主題    おもしろい

 

「だいじょうぶ」な毎日が重ねられて、5月を迎えます。子どもたちは思い思いに居場所を見つけて、自分のやりたいことを始めました。それは、子どもたちにとって「おもしろい」ことです。そして、その様子を見ている保育者は、子どもたちの姿を「おもしろい」と感じて楽しんでいます。

辞書で調べてみますと「おもしろい」にはたくさんの意味が込められています。「興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い.。」「つい笑いたくなるさま。こっけいだ。」「心が晴れ晴れするさま。快く楽しい。」「一風変わっている。普通と違っていてめずらしい。」「思ったとおりである。好ましい。」「風流だ。趣が深い。」など。

これはまさに子どもたちの日々の発見にふさわしい言葉です。毎日繰り返し目にする登園、降園時の景色には、季節の「おもしろい」が飛び込んでくるでしょう。幼稚園に着くと、先生やお友だちとのご挨拶に始まり、関わりの中で、上手に言えたり言えなかったり気持ちを伝え合うことも「おもしろい」。お友だちとのやりとりは、想定内の「おもしろい」と想定外の「おもしろい」を体験する「おもしろさ」があります。子どもたちは真剣ですが、私はつい笑いたくなることも…

はじめてのさんびやお祈りには、興味深いの「おもしろい」がふさわしいかもしれません。今月は聖書のお話も聖書の一番はじめ「天地創造」の物語から始まります。これは趣が深い!

先生たちも、子どもたちの「おもしろい」を引き出したいと願って生き物の観察や植物の栽培、身近な自然物とのふれあいの準備をしています。親子遠足を行事に据え、体を動かすことの楽しさや、友だちと過ごすことの喜びを感じ取ります。また、母の日を通してお母さまへの感謝や、その気持ちを表す方法のひとつとして、製作にも取り組みます。子どもたち一人ひとりのペースを大切に扱いながら、たくさんの「おもしろい!」の声を聞くことができる5月を創ってゆきたいと願っています。お家の方々からの「おもしろい」の声も聞こえてきたら嬉しいです。

 

園長 富田なおみ