こひつじ幼稚園

こひつじ園だより12月号

こひつじ園だより12月号  2015年11月30日発行

 

こひつじ幼稚園聖句 「光の子として歩みなさい」

エフェソの信徒への手紙5章8節

年主題    『平和』をつくる

月主題   うれしい ー心にとめてー

 

秋の実り、収穫への感謝「ありがとう」に続く「うれしい」にはどんな意味が込められているのでしょうか。子どもたちは、クリスマスがどんな日であるかを知って、ページェント(降誕劇)の練習を始めました。ろば組の子どもたちは、これまでのクリスマスの経験から、ページェントのイメージを膨らませて、自分の役を選びます。希望した役につく子どもたちばかりでなく、話し合いやくじ引きで、自分のイメージを変更することになる子どももいます。見守る私たちは、毎年、ハラハラドキドキではありますが、こうした出来事の中に、子どもの育ちがあることを知っていますから、大人のコントロールをできるだけ遠ざけて、一人びとりの子どもたちに慈しみの眼差しを注ぎます。子どもたちは、それぞれに、お互いを尊重し、自分の気持ちを伝え合い、現実を受け入れます。そんな子どもたちの葛藤や、見守り導く保育者の姿を近くに感じる時、こんな風にクリスマス会がつくられていくことを心からうれしく思います。

自分の思い通りにはならないことが、これから先にもたくさん起こることでしょう。そんな時に、これができないからダメではなく、こんなふうにやってみよう、これならできる、と気持ちを切り替えて、自分に与えられた現実を受け入れたなら、そこに希望の光がさすのだと思います。そして、その子自身も輝くことになるでしょう。

クリスマス会を初めて迎えるりす組も、イエスさまのお誕生シーンにはなくてはならない存在です。かわいい「ひつじ」と「うま」がせいぞろいすると、ほのぼのと温かな空気になります。そして、りす組は大きくなったら…と、はと組のローマ兵やお星さまに焦がれるのです。これもうれしい光景です。なによりも、ちまたのクリスマスのように「いただくばかり」のクリスマスではなく、イエスさまという大きなプレゼントをいただいた私たちが「ささげる」クリスマスをつくるのですから、うれしい、うれしいクリスマスです。

子どもたちは、あそびの時間を神さまにおささげして、劇の練習に取り組んでいます、不安定な気候ですが、皆が元気でクリスマス会の日を迎えられるように、ご家庭での健康管理をよろしくお願いします。(ちょっと風邪気味な私は、カモミールティーを飲んで早寝を心がけます)

園長 富田なおみ