こひつじ幼稚園

こひつじ園だより10月号

月主題 動く
 着々と準備を進めてきたこひつじまつり、「試行錯誤」の9月を経て、だからこその喜びに出会えたことと思います。お母さま方の一生懸命な姿を見ながら、子どもたちも、少しづつ運動会に向けて「試行錯誤」を重ねています。そして保育者たちも子どもたちが主体的に動くためには、どのような言葉かけが適しているだろうかと話し合い、秘策を持って日々の保育に臨んでいます。いざ子どもたちに向かうと、思い通りに運ばないこともたくさんありますが、その都度子どもたちが納得できるように話し合の時を持ち、自分の役割や責任を確認して進めていることを嬉しく思っています。
 一般的に運動会は、一人ひとりが力を合わせ、大きな集団となって動く、あるいは小さな個が競い合う、そんなイメージがあるように思います。そしてそんな時には、小さな個の気持ちは、大きな集団(全体)に圧倒されて、自分の心を確認できなくなってしまうことがあります。大きな緊張にさらされ、小さな個は自分の気持ちではなく、隣の子や先生を気にして、合わせて過ごすことが良いことと勘違いし、あるいは競い合う中で勝者になる事が、自分の価値を決めることだと学習してしまうことがあります。
 幼い頃に思い出として残す運動会は、のびのびとした自己表現の場であっても良いのではないでしょうか、友だちと過ごす嬉しさを経験しながら、自分らしさが表現できる運動会になるようにと願っています。
 人を動かすのは、号令ではなく、自分の中に湧いてくる、神さまからいただいた心です。人の心は動かされるのでなく「動く」のだと思います。  こひつじ幼稚園の子どもたちが「動く」ために必要なことをご一緒に考えられたら幸いです。
                        園長 富田なおみ

こひつじ園だより9月号

月主題 試行錯誤
 
2学期が始まりました。今年は雨の多い夏休みとなり、旅行の計画や、外遊び、お洗濯にも工夫が必要でしたね。朝晩少しずつ涼しい空気を感じるようになり、じっくりと物事に取り組むのに良い季節に向かいます。
 みなさんは、「勉強」という言葉の語源をご存知ですか? 勉強とは「勉め、強いる」ことであるから、本来は気の進まないことを無理にする意であったそうです。学習の意味で「勉強」という言葉が使われるようになったのは、明治20年以降だそうです。
 勉強嫌いの子どもたちには、夏休み明けは憂鬱な日のようですが、こひつじ幼稚園の子どもたちはどうでしょうか?きっと2学期が始まるのを心待ちにしていたことでしょう。それは、幼稚園の保育が「勉強」ではなく「学び」だからです。教育学者の佐藤学師は、「勉強は強制してやらされるもの」「学びは自主的に取り組むもの」と区別しています。
 夏休みにお家でゆったりと過ごした子どもたちは、学びたがっていると思います。ですから、園では、道具や素材や人との出会いによって「活動的な学び」を、一泊保育や農業体験、運動会に向けて「協同的な学び」を、そして知識や技能を共有して「表現する学び」を試行錯誤しながら、提供していきたいと願っています。      
                       園長 富田なおみ